インプラントについて

インプラントは、むし歯や歯周病で抜けた歯にかわって咬み心地や見た目を回復するための治療法です。大昔のローマ時代にもインプラントは使われていました。現在使われているインプラントは、50年くらい前につくられ、改良を重ねて非常に性能が良くなり、世界中で使われるようになりました。インプラントは自分の歯のように使い心地がよいために、「乳歯」「永久歯」に続く「第三の歯」や「第二の永久歯」と呼ばれることもあります。
歯がなくなってできなくなったり、あきらめていたことが、インプラントによってもとどおりできるようになり、生活に豊かさが戻ってきます。

インプラントでは次のようなことが可能になります。

  • 入れ歯では味わえない歯ごたえのあるものが食べられて、おいしくバラエティーのある食事が楽しめます。

  • 左右でバランス良く咬めるので、残っている歯で無理に噛むことが無くなり、自分の歯も長持ちします。

  • 入れ歯のように取り外しをする面倒がなく、気軽に外出や旅行が楽しめます。

  • 発音が安定するので会話が楽しめます。

  • 見映えのする口元がもどって、気持ちよく笑顔をつくれます。

  • しっかり噛むことにより、かたよりのない栄養バランスのとれた食事がとれて健康に貢献します。

インプラント.gif
インプラント

メリット
・ブリッジのように隣の歯を削る

  必要がない
・義歯のように取り外しの面倒や

  口の中の違和感がない
・残っている歯に対する負担が

  少ない

デメリット
・保険適応外のため治療費が

  比較的高額
・治療期間が長い

ブリッジ.gif
ブリッジ

メリット
・取り外し式でない
・比較的短期間で治療が終わる
・保険適応内であれば治療費が

 比較的安価
・噛む感触が自分の歯と近い

デメリット
・隣の歯をたくさん削る
・支える歯の負担が大きい
・たくさんの歯がなかったり奥に

 支える歯が無いとできない

inlay-crown_compare007.png
入れ歯

メリット
・保険適応内の義歯は比較的安価
・治療回数や期間が比較的短い

デメリット
・取り外しが面倒
・噛む力が弱い
・フックをかけた歯に負担がかかる