いびきの治療について

いびき(睡眠時無呼吸症候群)とは・・・

 

この病気の対応は、医科との連携が必要です。歯科だけで診断、処置できるものではありません。

 無呼吸とは10秒間の呼吸の停止がある状態です。その状態が1時間に5回以上記録される場合は、病的と考えられ、いびき、日中においての眠気、熟睡感がないなど、さまざまな不快症状を感じます。

 

この病気によって

   高血圧

   狭心症

   心筋梗塞

   脳梗塞  などのリスク要因となります。

 

診断には

医療機関にて終夜睡眠ポリグラフィー検査(脳波、筋電図、眼球運動、睡眠時の

呼吸状態、血液中の酸素濃度)を行います。

 

治療法は

  1. 睡眠時の体位の工夫(横向きに寝る)

  2. 体重管理(太るといびきがでやすくなる)

  3. 生活習慣の見直し(たばこ、お酒)

  4. CPAP治療(鼻から酸素を送って、無呼吸を防止すること)

  5. 手術療法

  6. スリープスプリント(マウスピースをお口に入れて、気道を確保する)

 

などがあります.

 

当医院では、睡眠時無呼吸症候群と診断された患者様に、スリープスプリント(マウスピース)を作製して、治療に取り組んでおります。

 

おおまかな治療の流れは

 

 いびきがひどくて疲れる

                  家族からうるさくて寝れないといわれる 

                                          日中もねむい

          

                                          耳鼻科、医療機関(総合病院)などで、いびきの検査

                                                        

         睡眠時無呼吸症候群と診断される

          

                                            マウスピースでの治療を希望

          

          歯科医院を受診

          

          お口の中の検査

          ↓

          歯型とり

          

           スリープスプリント作製、装着

          

           調整

*医師の診断書(睡眠時無呼吸症候群)がないと健康保険の適用が出来ません。(医師の診断書が無い場合は、自費で作製することは可能です。費用:5万円 税別)

 

尚、スリープスプリントを作製する前には、虫歯の治療を事前に済ませる必要があります。